<<「建てたい家が必ずできるワークシート」を登録なし無料ダウンロードプレゼント中>>

どんな会社ですか?

「私たち日建建設はとても小さな会社です。」

立派な展示場は持ちません

展示場を建てる費用は、最終的にはお客様の建築費から出ています。
私たちは実際にお建て頂いたお客様のお宅をお借りして、未来のお客さまにご見学頂いています。

展示場にお金を使うくらいなら、私たちを選んでくださったお施主様の家づくりの実際の工事費に使いたいと思います。

豪華なカタログは持ちません

カタログにお金を使うくらいなら、釘の一本でも余分に打ちたいです。私たちのカタログは実際に私たちを信じて家づくりを託してくださった実際の家です。それ以上でもそれ以下でもありません。

テレビCMもしません

タレントさんが自社の社名を連呼するには、莫大な費用がかかります。しかし、それによってお客さまにお渡しする家の何が変わるのでしょうか?

もっと良い材料を使うこと、もっと良い職人さんに働いて頂ければ、確実にいい家になることを知っているので、CMにはお金はかけられません。

少人数の社員で一生懸命働きます

通常、年間に12棟の住宅を受注する営業マンのお給料は、業界ではおよそ1000万円と言われています。私は、それは高過ぎると思います。実際に家をつくるのは職人さんであり、現場監督です。営業マンが現場で何かをする訳ではありません。当社では訪問営業などを行うための営業マンは置いていません。

私たちはいい家を建てて、お客様にご覧いただくだけ、そして私たちに興味を持ってくださったお客様の家づくりを精一杯応援するだけ、それが私たちの考える「営業」です。

スケールメリットもあるのです

「茅野市のエルハウス」「三重県のサティスホーム」「浜松の子育て安心住宅」など、いずれも全国トップレベルのビルダーさん達が私たちの仲間です。こういった仲間と共同で交渉すると、資材メーカーさんは一度に数百棟の注文欲しさに、大手ハウスメーカーなどと比べてもほとんど変わらないくらいの条件を提示してくれます。そのような方法でコストダウンし、良い材料を安く仕入れています。

お客さまにも家づくりに参加して頂きます

ほとんどのお客さまにとって、家づくりは一生に一度の特別なもの。だから私たちはできる限り、お施主様ご自身に積極的に家づくりに参加頂き、一つでも多くの思い出を残して頂きたいと考えています。

「私たちは何もしたくない。ただ家が買えれば、それでいい。」という家づくりは少し寂しいと感じています。また、そうやってお客さまにも家づくりに関わって頂くことで、少人数で会社を運営でき、お客さまにも還元が出来ています。