日建の家づくり

ダウンライトの配置について

こんにちは中津川市にある建設会社、日建建設の現場監督の渡邊です。

   今回は照明、ダウンライトの配置についてです。

   日建建設のほとんどの施主様が採用されています。

   最大のメリットは天井がすっきりする事だと思います。

   ただしダウンライトのみで部屋全体を明るくしようとして

   部屋全体へ均等配置してしまうと、かなりの個数が必要となり

   あまりすっきりしません。

   光の角度も散光、拡散、広角、中角と種類があります。

   写真では分かりにくいですが、

   2番目に角度の拾い拡散でも下から見上げれば眩しいです。

   なので均等配置の場合は器具の明るさにも注意が必要となります。

   その場合は調光機能が付いた物を選ぶと失敗が少ないです。

   天井をすっきりさせたい場合は明かりの欲しい場所に数個まとめて使い

   間接照明やペンダントライト、スポット等で補う。

   又はメインはシーリングライトを使い

   間接照明的にダウンライトを使うのもお薦めです。

   好みに寄る部分もありますが、部屋全体が明るいよりも

   ある程度の陰、明暗が出来るのも部屋の雰囲気が出て良いと思います。

   ※部屋の使い道にもよります

   照明は部屋の出来上がりに大きく左右します。

   特にダウンライトは天井に開口する為、後からの位置変更が困難です。

   せっかく配置しても家具やエアコンで陰になってしまうなんてこともあります。

   照明の打ち合わせ時には、家具配置も含めてしっかりとした

   計画が必要となります。

記事一覧へ