日建の家づくり

地盤補強工事

こんにちは中津川市にある建設会社、日建建設の現場監督の渡邊です。

今日の現場は南木曽です。

地盤調査の結果、補強工事が必要になった為に

基礎工事前に柱状改良を行います。

柱状改良工法は円柱状に地盤を固めた改良杭によって建物を支える地盤改良工事のことで

軟弱地盤の深さが地中2~8mの場合に用いられる工法です。

地中に直径60cmほどの穴をあけ、良好な地盤まで掘ります。

地盤を掘る過程で水を混ぜたセメントを注入して土と混ぜて撹拌し

円柱状の固い地盤を築くことで強化する仕組みです。

これで瑕疵担保保険も無事に通り、保証もOKとなります。

記事一覧へ