日建の家づくり

防湿フィルム

建売りの工事進捗

こんにちは。中津川市の日建建設の加藤です。

建売り現場の基礎工事の様子です。基礎の周りは「捨てコンクリート」といって、型枠の位置出しと型枠を組む時の下地のようなものです。

真ん中のビニールは「防湿フィルム」といって、地面の湿気が室内に上がってこないようにするためのものです。

アパートやご実家にお住いの方で、収納の中が湿気ると悩んでいる方も見えますが、新築の場合はこの防湿フィルムにより、地面からの湿気は上がってこないので、それが原因で室内が湿気ることはありません。

また、日建建設の断熱は床下断熱を採用していますので、床下の基礎は常に換気されている状態ですので、より地面からの湿気の心配はないです。

床下断熱以外では基礎外断熱、基礎内断熱の工法もありますが、湿気対策・シロアリ対策・コスト対策を考えれば床下断熱が良いと思います。

※このような仕様は特別なものではなく、どの工務店も行っている工事ですが、知らないお客様用に分かりやすく説明しています。

記事一覧へ