日建の家づくり

用紙

次回の補助金は、危うい

こんにちは。日建建設の加藤です。

「住宅グリーンポイント制度」が終了し、

来年1月から「こどもみらい住宅支援事業」

の補助金制度が始まります。

単純に、決められた仕様の家であれば、

完成後に現金がもらえる制度です。

予算は542億円とたくさんありますが、

当てにすると貰えない可能性もあります。

その大きな理由は2つあります。

・今や省エネ住宅は当たり前なので

誰もが申し込むと考えられるし、

すでに契約済の11月26日以降に

契約した人もこの補助金を狙っている。
(一気に申し込まれる)

・日本の年間着工棟数から考えると、

この予算額では2か月で終了する。

せいぜいもって3か月かと。

(おそらくハウスメーカーの申し込み率は
100%でしょう)

私の勝手な想像に過ぎないかもしれませんが、

計算するとそうなる気がします。

間違っていたらすみません。

しかし用心に越したことはありません。

補助金がもらえると想定してZEHや

ZEH Readyに初期投資したけど、

貰えなかったでは目も当てられません。

ZEHのNealyやOrientedはこの地域の方には

当てはまりませんが、北海道や都会の方には

当てはまるので、補助金枠の幅も広いです。

楽観的に考えれば、来年度の予算でまた

新たな補助金が出る可能性もありますが、

それは分からないことです。

だから次回の補助金は、絶対に急ぎですよ。

言い換えれば、この補助金を当てにするなら

2月までに契約しないとだめという事です。

記事一覧へ