スタッフブログ

エアコン

冷房運転と除湿運転

こんにちは。中津川市の日建建設の加藤です。

今の時期は気温が高いのとともに、湿度も高いですね。エアコンを冷房運転すれば涼しいですが、節電のために除湿にしているというお話を耳にすることがあります。

しかし最近のエアコンは、除湿よりも冷房の方が電気代は安く済みます。イメージだけですと、冷房の方が光熱費が高そうですよね。

型落ちの古いエアコンや下位機種のエアコンの除湿は、弱冷房除湿といい除湿効果も冷房効果も弱いのでさほど電気代はかかりません。

しかし最近のエアコンは上位機種になるほど、再熱除湿方式なので、冷房よりも電気代がかかります。

再熱除湿とは、エアコンから吹き出す空気を快適な湿度までに下げると、温度が必要以上に低くなってしまいます。そこで、十分に空気の湿度を下げてから適切な温度に温めてから送風するのが再熱除湿です。

真夏などの冷気が不快に感じない時期なら、除湿より冷房が効率的です。

では再熱除湿は使わないのかと言えば、梅雨時期などの湿気が多く気温が高くないときは必要です。梅雨時期は洗濯を室内で干す方も多く、除湿器で対応する方も多いですが、除湿能力と光熱費と除湿器を買う費用で考えれば、エアコンの再熱除湿を使った方がお得です。

簡単に言えば、猛暑日の除湿はエアコンの冷房、暑くはないが湿度が高い日の除湿はエアコンの除湿、が効率的です。

ご参考にしてください。

記事一覧へ

カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031