スタッフブログ

軟水器

快適な軟水生活

こんにちは。中津川市の日建建設の加藤です。

家づくりをする際のオプションの一つをご紹介いたします。

今回は「軟水器」です。家の蛇口から出る「水とお湯が全て軟水」になります。

軟水器を標準化しているハウスメーカーも最近ありますし、オプションとして選択できるようにしているハウスメーカーも出てきています。

工務店では採用している例は少ないようです。

■軟水器を設置するメリットは、

1、朝洗顔で顔がつっぱらず潤う。

2、ご飯がふんわりと炊ける。

3、洗濯洗剤の泡立ちが多く洗剤が少なくて済む。(シャンプーも同様)

4、水を使う家事では手荒れ知らず。

5、油汚れが落ちやすい。

6、柔軟剤を使わなくても洗濯物がふわっとなる。

7、髪がサラサラになる。

8、浴槽につかると肌がしっとりし乾燥やかゆみが減る。

9、お風呂にカビが生えなくなり、鏡や壁への白い石鹸カス汚れが付かない。

10、アトピー肌にも効果的。

11、カルシウムイオンを除去するので、水道管内部のつまり・給湯機の故障の防止。

などメリットが多いのですが、住宅ではまだ普及していません。

軟水はどこで使われているかというと、・美容院・製麺所・ペットショップ・クリーニング店・産婦人科の産湯・豆腐製造・パン製造・酒造業などです。

主に食品と、そこで働く人の手荒れ対策として軟水が使われています。

■デメリットは、追加工事費がかかるのは当然ですがそれ以外には、

1、定期的に届くイオンリフレッシャーという特殊塩の投入が必要なため、その代金が月々¥3,800かかる。

工事代が増えるならまだしも、月々お金がかかるのがデメリットです。

軟水器はまだまだ贅沢品の部類ではありますが、お子様の肌荒れなどの悩みが切実な方や、美意識の高い女性の方などは検討の価値はある商品です。

※新築後の設置も可能ですが、今までに付着した石鹸カス汚れの除去はできません。新築時の設置がお勧めです。

記事一覧へ

カレンダー

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30