スタッフブログ

ガス、水道などが隣地の地下を通っている場合

みなさんこんにちは。

中津川市の注文住宅専門店 日建建設の水野です。

先日私が担当させていただいているFさんからご連絡をいただき

お知り合いが「小さな離れを建築したいがそんな小さな仕事でもやりますか? 」

とのこと。

勿論どんな小さなお仕事でもやらせていただきますが

こうしてお知り合いを紹介していただくのは本当に有りがたいことです。

お客様に満足以上の満足をしていただくそんな気持ちを常に持って仕事をしていかなくてはいけません。

それでは今日も土地探しのコツをご紹介しますが、この話はご自分の古い家を建て替えるときにもよくあるケースなので 参考にして下さい。

ライフライン(ガス管や水道管)が隣地の地下を通っているのですが

どのような問題があるのでしょうか?

築年数が古い物件が建っていた土地は、ガス管、水道管などのライフラインが隣地の地下を通って引き込まれているケースがあります。

万が一、隣地の地下でライフラインが破損などした場合、隣地に住む方に迷惑が掛かってしまう恐れがあり、賠償などをしなければいけない場合も。

そうならないために、建物を建てる際は前面の道路から自分の土地にライフラインを引き直すのですが、その際費用が数十万円以上かかる場合があります(距離があるともっとかかることも)。

このような危険性があるため地中のライフラインの位置は必ず確認しておきましょう。

また、前面の道路が私道だった場合は、私道の所有者に掘削(くっさく)の承諾をもらわなければいけない場合があります。

土地や建物とおなじくらい重要なライフラインにも気を付けましょう。

記事一覧へ

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930