スタッフブログ

トラブルを防ぐ不動産研修2・岐阜市

こんにちは。

先週、不動産研修に行って来ました。7月4日にブログを書きましたが

追加してお伝えいたします。

お客様の中には実家の土地に建築される方も多いかと思います。

そこでの注意点の話が出ました。見た目は何の問題ない土地でも

法務局で公図調査をすると敷地に青線(水路)赤線(道路)が

あることが稀にあります。現在は使っていなくても昔のまま残っています。

どうするかというと青線や赤線は国や県、市町村が管理しているので

売り払い出来るか管理者(国、県、市町村)と協議する必要があります。

売り払いしてくれないと家が建てられないことや、かなり制約を受けた

間取りになることもあります。売り払いしてもらえるケースでも

お客様が土地代金はもちろん測量費用、登記費用が発生しますし

時間も掛かります。

以前、私のお客様は敷地に赤線が通っていて近隣の方にも協力をして

頂かないといけない状況でした。さらに赤線の付け替えもあり

造成費用も多額となりました。何より市役所と近隣との交渉に

2年を費やしました。このような事にならないように早めに調査する

必要があります。ご心配な方はお気軽にお問い合わせください。

宅地建物取引士の藤原でした。

記事一覧へ

カレンダー

2024年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ