スタッフブログ

間取り

間取りの構造について

こんにちは。日建建設の加藤です。

今回は、間取りの構造についてです。

建設会社と一緒に間取りを考える際、

壁や柱の位置などの構造は、

建設会社にお任せしていると思います。

強い家かどうかをある程度自分で

簡単に判断する方法はあります。

写真の図面は木造2階建ての間取りです。

間取り

基本は、1階と2階の柱と壁がそろっている事です。

緑マーカーが外回りの壁の揃っているしるし、

オレンジ色マーカーが中の壁の位置が揃っているしるし、

ピンクマーカーが柱の位置が揃っているしるし、

1階の赤丸の印が、2階に柱があるのに1階には柱は無いしるしです。

緑マーカーと、ピンクマーカーは90%以上揃っていますので良いです。

オレンジ色マーカーもありますが、縦方向にしかないので

横方向にあればもっといいですね。

しかし内部も壁の通りは合っていますのでOKです。

問題は赤丸です。これが多いとあまり良くありません。

図面ですと、リビングの中は赤丸が多いです。

しかし今のリビングは、LDKとしてつなげる場合が

ほとんどですので、仕方がない事です。

その代わり、リビングの周囲の壁や柱は、

2階と合わせておくことが重要です。

図面ですとほとんど会っていますので、OKです。

(50%~60%以上合っていれば良いとされています。)

結果、この間取りはバランスが良い間取りと言えます。

せっかく家を建てるのだから、広くしたい、好きな間取りに

したいなど、要望はもちろんあると思います。

しかし思い通りの間取りになったとしても、1階と2階の柱と壁が

バラバラで合っていなければ、家づくりは成功したとは言えません。

建物のバランスは、耐震等級や壁量計算とはまた

別の話だからです。

位置を見ながらマーカーで印をつけて確認すれば、

誰でも簡単にできますので、家を造り始める前に

一度やってみてはいかがでしょうか?

スタッフブログ一覧へ