スタッフブログ

農地は他の用途に使える?

みなさんこんにちは。

日建建設の水野です。

先日お正月だったと思えば既に1月も終わろうとしています。

まだお正月気分なんて言う人は流石にいないと思いますが

お正月に立てた目標が1ヶ月経過して

予定通り進んでいるかを是非検証してみてください

仮にできていなかったとしたら必ずやり残しの無いように時間調整をしましょうね。

それでは土地選びのコツをご紹介します。

農地を買って、その場所に建物を建てることはできますか?

登記簿謄本にはその土地の種別が記録されています。

土地の種別に「農地」と書かれている場合は

「耕作の目的に供されている土地」を意味します。

基本的に農地は、勝手に農地以外として利用することはできません。

また、農地に勝手に建物を建てて「農地ではない」と宣言することももちろんNG。

法律違反となり、処罰の対象になります。

ちなみに庭先につくった家庭菜園などは、農地法の規制を受けることはありません。

農地に住宅を建てたい場合は、

家を建てられる「宅地」に地目を変更させる必要があります。

これを「農地転用」と呼び、行政機関などで申請ができます。

また、自分が住んでいる土地は通常であれば自分の意志で売却したり、

他人に貸したりできますが、農地はそれらが自由にできないので注意しましょう。

農地の売却や賃貸は、農業委員会または知事の許可を受ける必要があります。

スタッフブログ一覧へ

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829