スタッフブログ

手書き図面

将来に渡って後悔しない間取りの考え方⑥

こんにちは。中津川市の日建建設の加藤です。

今月の見学会は、4月11日(土)と12日(日)に行います。

朝10時から夜7時まで開催しています。

当日の日中お忙しい方や、土日仕事の方などもご覧いただけます。

間取りを考える際、自分で描いてみるのも一つの手です。

なぜなら自分で間取りを描くということは、自分の生活を思い描く手助けとなるからです。

自分で描いてみるというのであれば、マス目の付いたトレーシングペーパーが便利です。

ご希望であれば、これくらいが一坪ですとか、6帖はこの大きさですとかご説明します。

ただ自分でやってみた結果、大きく描きすぎてしまう場合がほとんどです。

大きく描けば要望は入るかもしれませんが、予算がオーバーしてしまうところが難しいです。

それでも一度描いてみた方は、理解力が上がりその後の打ち合わせがとてもスムーズになります。

例えば、この要望は無理だなとか、できない点が見えてきます。

工務店任せにすると、これで良かったのかなあという思いが残ってしまいそうな方は、ぜひ自分で描いてみるといいと思います。

他には、ドアを開きにするのか引きにするのかといったことや、電気屋コンセントの位置なども一度自分で想像していると、工務店の提案も理解しやすくなります。

このように、自分達で間取りを考えることのメリットはありますが、構造的な事はプロにまかせましょう。

希望に沿いつつ、建物のバランスや窓の配置、耐震性や強度の事を考えてくれます。

間取りを考える上では、耐震性が最も優先度が高い項目だと覚えておきましょう。

記事一覧へ

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930