スタッフブログ

家のスケジュール

こんにちは。

中津川市にある工務店、日建建設の藤原です。

最近よくお客様から、こんな質問を頂くので

ブログでご説明いたします。

参考になれば幸いです。

『家づくりを考え始めたばかりです。

どちらかというと優柔不断な性格で
慌てて何かを決めるのは苦手なので
あらかじめ知っておきたいのですが

今から住めるまでにはどのくらいの
期間が掛かりますか?』

「家づくりに必要な期間」を
知りたいということですね。

実際に、家を一軒建てることに関して
打ち合わせ量がどのくらいになるのか?
建築期間はどのくらいになるのか?
全く分からないという人も多いと思います。

「三度建てないと良い家にはならない」
と言われていた大らかな時代とは違い

今は、ほとんどの方にとって家づくりは
「一生に一度きり」のことですから
無理もないと思います。

まず前提として、ひとつ確実に言えるのは
「慌てた買い物にはロクなものが無い…」ということです。

特に「自由設計で行なう家づくり」は、
本来なら「間取り」はもちろん「外装」「内装」
「設備」などなど、詳細な部分まで自分たちの
こだわりを実現することが出来ます。

こういった醍醐味を味わえない「締め切り」に
追われてしまうような、そんな妥協ばかりの
家づくりでは残念ですから

あらかじめ大まかな「流れ」や
目安となる「期間」をお伝えさせて頂きます。

もちろん
「土地購入からの家づくり」なのか?
「仮住まいへのお引越しや解体も必要な建て替え」
のご計画なのか?

など「そもそもの家づくりの計画自体」によっても
異なりますが

ひとつの目安として、私たちが実際に
家づくりをお手伝いした
お施主様の平均値をお伝えしますと

すでに建築地が決まっていて
比較的スムーズに検討が進んだという場合で

お引き渡しまでに合計で
およそ8カ月~9カ月の期間を要しています。

その8カ月から9カ月という全体の期間を
大きな3つの段階に分けてみますと・・・

1 資金計画、建築スケジュール、業者選定、基本設計など
「全体像となる部分の検討と決定の期間」となります。
これにおよそ1ケ月~2ケ月掛かります。

2 詳細な部分の打ち合わせ、役所への申請、融資の手続き、
そして地鎮祭や近隣挨拶など「着工準備の期間」となります。
これに約2カ月程度かかります。

3 「実際に現場で工事をしている期間」
これを一般的には「工期」と言いますが、
これがおよそ5カ月という感じになります。

家の大きさとか、季節や天候によって
多少の前後は有りますが目安としてみてください。

よく家づくりの資金のお話をする際
「借りられる額でなく返せる額が大事」

…つまり「逆算思考が大切」などと言われますが

「スケジュール」を検討する際にも
この「逆算思考が大事」というのは一緒ですね。

例えば年内には入居したいという目標をお持ちなら

8~9カ月遡って、その年の3月~4月には
遅くともスタートを切っておきたいですし

年度末には入居したいということであれば
遅くとも6月~7月にはスタートを切っておきたい
ということになります。

そうでないと「かなり慌てた検討」をしなければなりません。
これでは後悔することも多くなりがちです。

記事一覧へ

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930