スタッフブログ

子供部屋

子供部屋の考え方

こんにちは。日建建設の加藤です。

家づくりをされる方は、ほとんどが

お子さんが0歳~小学生までの間です。

間取りを造る際、敷地に対しての家の配置、玄関位置、LDK、

水まわり、収納、寝室、はご夫婦の考えで造ることができますが、

これから大きくなる子供、これから生まれてくる予定の子供、

まだこれからできるかもしれない子供が、どう部屋を使うかは

はっきりとは分かりませんね。

そうなると間取りを考える際に、予想で造らなければ

ならないのが子供部屋です。

子供部屋を4.5帖にするか6帖にするかという前に、

そもそも子供部屋を使うのか、ということもあります。

お子さんがまだ小さいのであれば、新築から10年間は、

空き部屋になります。

大人になったら使えばいいと思えば、一人暮らしや結婚で家を

出るかもしれません。

お子さんが姉妹であれば、一つの部屋の方がいいかもしれません。

または、あとで狭く仕切れるような、広めの部屋がいいかもしれません。

ただ、家づくりをする私たち世代の子供の頃と大きく違うのが、

リビングの広さ、居心地の良さです。

20年、30年前は、キッチン・ダイニング・居間は、

分かれている場合が多く、長くそこにいるよりも子供部屋に

いた方が居心地が良い部分もあったかと思います。

今の主流となっているリビングは、キッチンとダイニングとリビングが

一つになり、広い空間となっています。

ほとんどの方が、60インチ前後の大きなTVを置き、

エアコンや床暖を装備して快適にしています。

さらにはLDKを廊下兼用として利用し家族みんなが行きかう場と

なっています。

今は、子供部屋にいるよりもリビングにいた方が快適なのです。

そうなると当然、宿題もリビングでやったり、友達が来たら

リビングでゲームをすることになります。

昔よりも、子供が子供部屋にいる時間が減っているということです。

子供部屋をどう造るかは皆様の自由ですが、建ててから 「こうすれば良かった。」と後悔することの無いように考えたいですね。

記事一覧へ

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031