スタッフブログ

土地探しの際の周辺の建築計画

みなさんこんにちは。

日建建設の水野です。

『 朝シャン 』と言う言葉をご存知ですか?

1987年32年ほど前に化粧品メーカーのCMからです。

ブームのきっかけは女子高生が火付け役で、朝目覚めたら

顔を洗うのと一緒に洗髪をするというシャンプーの宣伝からでした。

そもそも朝に髪を洗う習慣は日本人にはありませんでした。

それに敏感に反応したのが当時の女子高生だったのです。

実は1985年には洗面台でもシャンプーができるようにと洗面ボウルを大きくしたり、

水栓金具も伸びるノズル式のシャワーになっていました。

今では当たり前になっていますが、

当時はお風呂にシャワーが付いている家庭はまだまだ少なく

これがきっかけでブームになったそうです。

それでは土地選びのコツのQ&Aをご紹介します。

 日当たりが良く、静かな郊外に良い土地を見つけました。

  購入する際の注意点はありますか?

周辺に畑や空き地が広がっているような郊外の土地は、

自然も多くのどかな雰囲気で、子育てにも魅力的な環境かもしれません。

しかし、周辺の環境はずっとそのままとは限りません。

例えば、空き地が多いということは、今後なにか建設計画があるかもしれません。

大きなマンションや商業施設ができた場合、

人や車の往来が増えて、静かだった環境が一変するでしょう。

また、大きな建物が建ったせいで、日当たりが悪くなることも考えられます。

周辺の環境は常に変化する可能性があるということを、念頭に入れておきましょう。

大きな建築計画については、各市町村役場や不動産仲介会社に聞いてみると

情報が得られるかもしれません。

近隣の住民から、話を聞いてみるのも良いでしょう。

しかし、家を建てた後で建築計画が始まることもあるでしょうし、

多少なりとも環境は変化するという覚悟を持つことも必要です。

記事一覧へ

カレンダー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31